福岡で働く女性のキャリア作りを応援しているBIZステージです。
 
 
やりたいことがありすぎて、何から取り組むか迷っていたり…
漠然としたアイデアはあるけど、その先に進まない…
 
などなど、なんかスッキリしないモヤっとした状態ってありませんか?
 
今回はそんなスッキリしない、モヤったした状態を整理してアイデアを現実化するために
役立つアプリ「Idea Grid」を紹介します。
 
このアプリは自分の頭の中の考えをスッキリ整理したり、漠然としたアイデアを具体化していくことに役立ちます。
さらにMac、iPhone、iPadが連携できるので、思いついたアイデアをさっとメモできるメモアプリとしても役立ちます。
 
 
 

アイデア整理アプリ「Idea Grid」の特徴

 
思いついたことどんどん打ち込んで自由に動かしたり、消したりできるアプリです。
 
思いついたことをピース化(1つの部品)として入力でき、それを自由に配置することができます。
その配置はグリッド(格子)状に配置ができるので、見た目もスッキリ、整理され、楽しみながら、いつの間にかアイデアなどがどんどん湧いてきます。
 
例えば、思いついたことを付箋に書いて、ホワイトボードに貼り付けて、動かしたり、はがしたりなど自由にできるようなことが、パソコンやiPhone、iPad上で直感的に操作ができるイメージです。
 
 

 
それでは、もう少し細く特徴をみていきましょう!
 
 
 

思いついたこと、気になったことをどんどん放り込める

 
このアプリは「フッ」と思いついたら「サッ」と書き留められるのが特徴です。
 
何かサイトを見ていて思いついたり、気になる記事があれば、「Idea Grid」を立ち上げてすぐに書き留めることができます。
 
書き留められるのは、「テキスト」だけでなく「手書き」や「画像」「サイト」なども書き留められ、とりあえず思いついたらスマホで書き留め、後でじっくりパソコンで編集することも可能です。
 
 

 
 
 

付箋感覚で書き込め、自由にサイズやカラーを変えたり、階層化までできる

 
思いついたことは大きさ、色、アイコン、矢印など編集できます。
そしてドラッグで重ねると入れ子状態になり階層化されます。
 
「Idea Grid」機能の詳細はこちらをご覧ください!
 

 
 
 

アイデアを整理しやすいフォーマットが用意されてる

 
20種類以上のテンプレートが付属されており「マンダラチャート」や「アイデアマップ」でアイデアを膨らませたり、「5W1H」「マトリックス」でアイデアを整理できます。
アイデアを実現するなら「ToDo」「GTD」でタスク管理も可能です。
 
考えを整理するプロセスごとにフレームワークを分けてみると…
・アイデアを膨らませる : アイデアマップ, マンダラチャート
・アイデアを整理する : 5W1H, マトリックス, ステップ
・アイデアを分析する : SWOT, 3C, ビジネスモデルキャンバス
・タスクを実行する : ToDo, GTD
 
 

 
 
 

このアプリが向いてる人

 
このアプリが向いている人は、何か事業や商品の企画やアイデアを必要とする人などに向いています。
 
なぜならば、自分の考えを自由に広げたり、絞り込んだり、深めたりできる機能があるので、アイデアノートとして使うのに最適だからです。
 
具体的には「経営者」「部門責任者」「個人事業主」「士業」などの方に向いていると思います。
 
 
 

まず無料で試してみましょう!

 
もしあなたが、Macを持っているなら10日間このIdea Gridを無料で試すことができます。
まずはMac版で使用感を試してみてから、iPhone版やiPad版などを購入するのがいいかと思います。
 
アイデアを思いついた時は「種」の状態ですから、アイデアは「育てること」が必要です。
その育てるプロセスは、アイデアを「大量に出す」→「整理」→「拡張・実現」することです。
 
この「Idea Grid」は「アイデアを育てる」ということがシステム的に進められます。
自分の感覚だけでやっていたことがシステム化されることによって、あなたの仕事は格段に効率的になります。
 
ぜひ、自分のビジネスや新事業、企画などに取り組むあなたに試してもらいたいアプリです。